住宅を選ぶ為に必要な知識、相場などを知る。

オーダーする物件

業界での注文住宅の意味合いとは

注文住宅という言葉からどのような住宅をイメージするだろうか。注文住宅というとこだわりを持ったオリジナルな住宅が建築できると思っている人も多いのです。確かにメディアや雑誌に登場する注文住宅はどれもオリジナリティーにあふれ施主の要望やこだわりを住宅に反映させている独創的なものばかりです。もちろんこうした住宅も注文住宅ですが建築業界でいう注文住宅はこうした住宅に加えハウスメーカーなどが提供するある程度のベースとなる構造や仕様が決まっていて更に選択できる設備なども複数社に限定されその中から選択するというものです。一般的にイメージされている住宅をフルオーダーとするとこうしたハウスメーカーが提供している受託はセミオーダー型となるのです。

設計士の提案能力と施主との相性

なぜ注文住宅を選択するのかというと自分たちのライフスタイルに合った住宅の建築や自分たちのこだわりを反映させた住宅を建築したいという思いで選択する人が多いのです。しかし住宅を建築した経験がない一般の人がより快適な住宅を設計するためにはたくさんの知識が必要になります。もちろん住宅を設計する際には専門の知識を持った建築士などと一緒に設計します。しかし設計士の中には客の要望を聞き取るのみの人も少なくないのです。本来は施主の住宅に対するイメージを聞き取りつつどのような間取りや設計が快適な住宅なのかを提案するのがプロです。しかし中には設計士自身に強いこだわりがある場合や施主から提案される要望を反映するだけという人もいるということを知った上でより快適な提案をしてくれるパートナーを見つける必要があるのです。

↑ PAGE TOP